谷川真理ハーフマラソンは無風、快晴

lightbox2=group,画像の説明
昨年の正月は横田基地で行われるフロストバイトレースに参加したが今年はこの「谷川真理ハーフマラソン」に参加した。1万人が参加するマンモス大会もこれで14回目とか。さすがに運営はスムースたっだ。なによりも快晴、無風で暖かい一日だったことが助かった。

画像の説明

赤羽駅からすでに行列ができて多くのランナーが15分先の荒川河川敷にある会場を目指していた。会場に着いても広く暖かいのでのんびりと着替えて準備。ウォームアップで10分ほどゆっくりと走ってすぐにスタート地点へ。今回は公務員ランナーとして有名な川内選手も参加。10:00スタートのグループで出発していった。私は次の10:15スタートのグループ。いつもスタートは気持ちが昂る。

今回もGPS付の時計がなかったのでiphoneアプリを起動して走り始めたが手に持ったまま走りたくなかったのでウエストポーチにしまったままにした。結局、自分の走るスピードがわからずに走り始めた。周囲のランナーに合わせて走り始めたが体感でいつもよりも早いと感じた。早すぎる、と思いながらも付いていくが徐々に遅れてきた。やっぱり早すぎる。キロ5分以上かもしれない。
6Kmの地点で早くも川内選手がトップで折り返してきた。ダントツだ。さすがです。
途中で、iphoneを手に持ってスピードをチェックしながら走ることにした。見ると5分10秒前後で走っていることが分かった。昨年のフロストバイトの時も同じようなスピードで走っていたのを覚えているが昨年よりも辛い気がした。

その後も5分20秒くらいでコンスタントに走っていた。確かに昨年の方が楽に走っていたような気がする。それでも何とか5分10秒くらいまでスピードを上げてみた。ラストスパートを試みたがその気力なし。結局昨年のフロストバイトのハーフとほぼ同じ時間でゴール。

一緒に参加した職場の方々と赤羽駅前でおいしいビールを飲んで明るいうちに帰宅。いい一日だった。

コメント


認証コード5223

コメントは管理者の承認後に表示されます。