栄村駅伝

画像の説明

梅雨の中休み的に曇り空。今回は第一区間を走ることになったので会場に到着してすぐに出発点にバスで向かった。参加チームは14。スタート地点に着いて近くにある北野天満宮まで足慣らし。大きな杉の木に囲まれたいい感じの杜だ。
画像の説明 画像の説明

出発点は除雪車の格納庫で周囲はすべて田んぼ。出発前には武蔵村山市の市長、議長、教育長、教育部長、、が来た。スタートを見送った。ただそれだけ。選手に激励の言葉をかけるでなく単にそこに来ただけでがなんのためにきたのか不明。揃いも揃って黒のスーツに白いシャツ、ノーネクタイ。一見その筋の方々かと思える光景だ。
画像の説明 画像の説明

定刻の9:30に14人のランナーが出発。2.7Kmの区間は基本的に下り。若いランナーは一斉に全力疾走。早い! その後を大人が追いかける。私はスタート直後から最後尾になってしまった。あっという間に前を行くランナーが見えなくなってしまった。沿道にはポツンポツンと数人が応援にでている。その前を最終ランナーとして走るのは少し気恥ずかしい。いっそのこと、言い訳として自分の年令を連呼しようかと思ったがやめた。

結果的には最も早かった選手は8分ほど。私は12分。前のランナーとは1分近い差がついて第二走者にタスキを渡した。あっという間だった。下り基調なのでそれほどの疲労感はない。単に足の回転が遅いだけ。走り終わって汗びっしょりになったが特段の疲労感はなかった。それでも走り終わった開放感をしばし楽しんだ。再びバスに乗ってゴール地点に。途中でまさに走っているランナーを追い越した。

ゴールの栄村小学校。トップのチームは40分ほどでゴール。ダントツの一位だ。その後続々とゴールして最終ランナーは1時間。我がチームは後半の選手が頑張って上位に入れたようだ。
画像の説明

準備には何日も何時間もかけているはずだが大会そのものは1時間で終わった。閉会式はい学校の体育館。例によって来賓の挨拶が続く。
画像の説明

閉会式のあとは宿舎に戻って温泉。いい気分だ。そして恒例のカレーライス。大鍋で作ったカレーは実に美味。ランニング、温泉、ビール、カレー、、これ以上ない。再びバスで帰途に。
画像の説明

同年輩の地元ランナーとの楽しい週末でした。

コメント


認証コード7548

コメントは管理者の承認後に表示されます。