鯛焼き屋をめぐるマラニック

キャプチャ

この地図上のルートは鯛焼きに見えてくるのが不思議。マラニックと言う、道草をしながらいろいろな場所をゆっくりと走るランニング

この日は有名な鯛焼き屋を回ったが私にはマラニックという走り方が合っていると思う。見知らぬ土地をゆっくりと走ってそこの空気を感じる。時には路地裏に入って住宅の台所から調理の匂いを感じてみたり。競技性のないこうしたランニングは好きだ。なので私はアスリートではないと思っている。

四ツ谷を出発して、麻布十番の「浪花家」、人形町の「柳屋」、そして最後に四谷の「わかば」で鯛焼きの買い食い。楽しく走れました。一日に鯛焼きを3つも食べたのは初めて。参加した中では「わかば」が一番でした。どこも長蛇の列。それでも主催者が予約しておいてくれたので待つこともなく食べることができました。

六本木ヒルズを通過。
画像の説明

麻布十番の広場では陶器市。上品な陶器がならんでました。触って壊すのが怖いくらい。
画像の説明

麻布十番はさすがに上品な街です。歩いている人たちは私のような田舎者とは違います。
画像の説明
画像の説明

そして、「浪花家」
画像の説明
画像の説明

港区も通過。この後ではかつての職場の前も走りました。

画像の説明

築地でランチ。いつも旅行者で賑わっています。

画像の説明
画像の説明

人形町では「柳屋」。ここは自転車ガイドでいつも前を通過しているが毎度の行列で食べたことがなかった。今回は主催者が予約しておいてくれたので待たずに買い食い。

画像の説明
画像の説明
画像の説明

そして最後は四ツ谷に戻って「わかば」。ここも行列。

画像の説明
画像の説明

主催者は24Kmと言うけど私のGPSでは36Km。

コメント


認証コード7001

コメントは管理者の承認後に表示されます。