まずは夕張から日高まで

画像の説明

いきなりエンジン異常のランプ点灯

不安な出始めでした。

車中泊した苫小牧港近くの駐車場を出発してすぐに車のスピードメーターが動いていないことに気がついた。いつもどおりの安全速度で進み続けるとこんどは「エンジン異常」の警告ランプが点灯。なんということか、始まったばかりなのに。大きな問題になるかと不安になる。幸いトヨタ販売店が向かっている7Km先にあることがわかったのでそこに飛び込んだ。待つこと1時間。途中経過も報告してくれて大変丁寧に対応してくれた。いろいろと調べたが明確な原因はみつからず。エンジン制御のコンピューターは正常に稼働していることは確認できたとか。メーターの故障では?との判定。メーターは取り寄せになるので連休開けまで対応できないのでしばらくこのままで進むしかないとのこと。特に料金を請求されることなく販売店を出た。

ところが、そのまま運転を始めるとなんとメーターが正常に戻った。警告ランプも勿論点灯しない。いろいろと調べているなかで回復したようだ。その後は問題は再発しなかった。

財政再建団体夕張

最初の目的地は夕張。かつては石炭産業で栄えたところだがその後は衰退し財政再建団体として有名になった市だ。山に向かって進むとが目立ってきた。どんずまりには炭鉱をテーマにした観光目的の博物館がある駐車場には一台も車が見えない。街なかを走ると炭住として使われていたアパートが立ち並んでいるがその殆どが空き部屋と見えた。営業している商店はごくわずか。公共施設と思える建物もいくつかが廃墟と化していた。再建には時間がかかりそうだ。それにても冷たい雨が降るこの街はどのようにして未来を見ているだろうか。若い市長に期待したい。
画像の説明 画像の説明

ここは映画祭でも有名だ。高倉健主演の「しあわせの黄色いハンカチ」のロケも行われた。そのロケ地のひとつが観光施設になっているのででかけた。建物の中には訪れた観光客がのこしたメモが所狭しと貼り付けてある。健さんへのメッセージに混じって願い事も多く見られた。なんとも「健さん神社」のようだ。
画像の説明 画像の説明

昼食は駅前にある夕張屋台村。ここだけは人が多かった。ソバカレーが有名とのことで試食。まずまずでした。
画像の説明 画像の説明

なつかしの日高町へ

この日は日高町の道の駅にしていたので雨の中を車を走らせると次第に雨が雪に変わった。この街は2004年と2006年に自転車でのツアーの際に宿泊したところだ。周囲は変わってないように見られた。あの「日勝ホテル」も健在でした。

到着してから雪混じりの冷たい雨の降る中、街なかを9Kmほどランニングしてから日高高原ホテルの温泉を利用。道の駅の近くの居酒屋で夕食。ここにも「ザンギ」がありました。

日高町は小綺麗なマッチ箱のような家が並んでいる。装飾のないこうした家は北海道でよく見かける。偶然なのかどの家も新しい。
画像の説明

温泉は日高高原ホテル。雑誌HOのクーポンで無料
宿は道の駅日高樹海ロード

コメント


認証コード9652

コメントは管理者の承認後に表示されます。