栄村駅伝

2015-07-04 11

はるばると4時間のドライブで着いた長野県栄村。その地で行われた「栄村駅伝」は6分で終わりました。

地元武蔵村山市は長野県栄村と姉妹都市提携をしている。いつ、どのような経緯でこうなったかは知らない。もう10年以上も経過していることは確か。その栄村で毎年行われている栄村駅伝に武蔵村山チームとして参加してきた。

前日、3チーム18人とサポートスタッフはバスで栄村に入った。例によって旅先で12Kmのランで地元を見学。ここは4年前の2011.3.12に大地震が起こった。3.11の東北地震の影にかくれてしまったが大きな被害を受けた。その半年後に軽井沢ー草津ー飯山経由でこの村を自転車で走ったことがある。当時はまだ破壊された家屋、トンネル、道路が多かったが今日はそんな傷跡は見られない。

2015-07-04 15 2015-07-04 15 2015-07-04 13 2015-07-04 15 2015-07-04 13 2015-07-04 15

夜は栄村の教育長も挨拶にきてくれた。そして外は強い雨。心配したが朝には雨も上がって日差しも見えてきた。

山間の村には平らなところは少ない。コースも下りと登りだけ。一方通行の約13Kmのコース。スタート地点から中間地点まで一気に下ってそこから登り返す。私は中間地点の村役場から1.5Km先の公民館までのゆるい登りのコースを担当。沿道には村の人達が大勢でて応援してくれている。遠来の選手はすぐにそれとわかって応援してくれる。1.5KMとは言え上り坂を走るのは辛いものだ。最初の300m位は息切れもなく走れたがその後は息遣いも強くなって苦しい時間だった。それでも6分強の短い苦しみ。走り終わるとすぐにそんな苦しみは忘れてしまう。

2015-07-05 08 2015-07-05 08 2015-07-05 10 2015-07-05 10

2015-07-05 10

宿に戻って風呂、ビールでリラックスできました。今回の参加者は公募だがリピーターが多い。中には近所をランニングしている時に出会っていた方も何人かいた。それまではすれ違っていただけの方とも話をできた。これからも会うことがあるでしょう。地元ランナーの輪が広がったような気がする。リピーターになる気持ちがわかる。私もまた来年参加したいと思った位だ。

コメント


認証コード2482

コメントは管理者の承認後に表示されます。