デジタル一眼撮影テクニック事典 上田晃司

ダウンロード

これまで写真撮影についての本はだいぶ読んできた。木村伊兵衛、森山大道、田中長徳、、、、それなりに写真家として有名なかたの本は読んできた。いずれも写真への考え方、哲学を語る本ばかりだった。

でも、写真の素人が本音で望むのは「きれいな」写真を撮ること。被写体の前後がぼけていたり、走っている列車を強調した写真だったり、キラっと光っている太陽の写真だったり。こんな写真を撮りたいわけです。哲学以前の欲求です。

こんな欲求に答えてくれるハウツーものの本です。この本に書いてあるF値、シャッター速度、、、を忠実に守ると「きれいな」写真が撮れるかもしれない。そんな庶民の夢がかなう「かも」知れない本です。

その前のiPhoneカメラとは別のカメラを買わないといけない。

コメント


認証コード7769

コメントは管理者の承認後に表示されます。