平ヶ岳

画像の説明
平ヶ岳は奥深い奥只見にある2000m級の山。おだやかな山容からしてのんびりと山歩きができる山です。しかし、それは苦労してその場に到着してからのこと。美しいものは遠い所にあるものです。

新潟県の小出ICを降りてから約1時間で銀山平に到着する。雪深いところ。途中の家々はどれも床が高くなっている典型的な雪国の家。銀山平には数件のログハウスがあるだけで民家はない。その内の一軒に投宿。早朝4時に宿の車で登り口まで移動。

平ヶ岳に登るには2つのルートがある。ひとつは鷹の巣コース。県道脇の駐車場から山道を片道5時間半。往復で11時間以上かかるが一般的にこのコースが使われている。

もうひとつは中ノ俣林道を車で取り付きまで進んで登りが3時間のコース。往復で5時間程度。ただし、この林道は私有地であるため関係者以外は車で入ることができないのでこのコースを使うためには銀山平の宿に宿泊する必要がある。時間がない我々はこのコースを進んだ。

登る距離が短いということは急登を意味する。歩き始めるとまず渡渉点がある。大雨のあとは水量が増して橋が流されることが多いらしい。その場合はここで引き返すしか無い。今回は幸いに渡れた。
画像の説明

急登を2時間半。突然視野が広がる。あとは山上の楽園だ。お花畑が広がり、池塘も穏やかな姿を見せる。

遠くには荒沢岳、越後駒ケ岳、燧ヶ岳が望める。平ヶ岳には40年以上も前に山岳会の5月合宿で来たことがある。雪の山を重い荷物を背負って尾瀬ヶ原から何日もかけて来たところだ。想い出深い。

画像の説明

画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明

玉子石。見る角度によってはまんまるの卵の形に見える。
画像の説明

コメント


認証コード1681

コメントは管理者の承認後に表示されます。