黒田官兵衛 知略と野望 ー中江克己

画像の説明
今年の大河ドラマは黒田官兵衛が中心なので予習のために読んでみた。まさに私のような目的で読む読者を想定して書いたと思えるような本。

彼の生い立ちから亡くなるまでの一生がたんたんと書かれている。史実を列挙したような感じ。特に盛り上がりも情緒性も、主張も、文学性もない。まあ、すこしばかりの予備知識を得たので大河ドラマを見ていても少しは意味がわかるようになったかもしれない。

コメント


認証コード4307

コメントは管理者の承認後に表示されます。