フロストバイトロードレース@横田基地

画像の説明
近くの横田基地で行われるハーフマラソン。一昨年につづいて参加した。いやいや北風が強い一日でした。それでも自己ベストのタイムを更新できて満足のレースでした。

米軍基地の中で行われるので入場には免許証かパスポートが必要になる。そして荷物検査もある。それでも一旦入るといつもの日本のマラソン大会。違うのは主催者が基地の中のランニングクラブということで基地の軍人が多く働いていることくらい。

快晴ながら風が強く我々は建物を背にした陽だまり確保した。ここなら暖かい。

この大会はスタート前にズンバの踊りをウォームアップとして行う。例によってワンテンポ遅れてようやくついていった。難しい。
画像の説明
ズンバの後は一斉にスタート地点に選手が並ぶ。ところが他の大会ではいる整列がない。一応申告タイム毎にならぶことになっているがどこに並ぶかなんの指示がないし整列させる担当もいない。で、各選手は思い思いにスタート地点に並んだ。当然ながらスタートの合図があった直後はなかなか進まない。

いつも控えめに後ろの方に並ぶので今日もスタート直後の2,3kmはゆっくりと走る集団の中にハマってしまい少しストレスがあった。5km以降は自分のスピードではしれたが時折強い向かい風が吹いてくる。6kmほどの地点で広い滑走路の端を横断した。ここからは追い風だ。ここから中間地点まではずっと追い風でキロ5分を切るスピードで走れた。快調。これだと自己ベストを更新できるかもしれない、と嬉しくなった。滑走路を挟んで遠くに富士山も綺麗だった。
画像の説明
ところが中間地点を折り返したあとからの7km位はずっっと強い向かい風との戦い。スピードが激減。気持ちがへたれた。ああ、自己ベストは無理か、と思った。キロ5分半まで落ちた。

それでも18km地点を超えた頃からはまた追い風になった。体が軽くまるで坂道を下っているように走れる。再びキロ4分台になった。最後の踏ん張りでゴールまで4分台をキープできた。やはり最後は苦しい。

1:46でゴール。昨年12月に出した自己ベスト1:48を2分だけ更新できた。嬉しい。
画像の説明
ゴール後は一緒に行ったかたと温泉に浸かって打ち上げ、と言うパターン。いい休日でした。

この大会は基地の中で行われるということで交通規制が楽だ。そのせいか走っている途中には大会関係者はほとんどいない。補給も水だけが数箇所。人も少なく水の供給が間に合わない時がある。

他の大会には多くの地元のボアランティアが手伝っているがこの大会はほとんどいないような感じがする。単なる基地内のランニングチームの活動なのでボアランティアも少ないのかもしれない。

一つだけ魅力的なのは参加賞のトレーナー。アメリカンなデザインのトレーナーを毎年もらえる。今年は少し地味な感じだがアメリカン。まあ、いいでしょう。
画像の説明画像の説明

コメント

  • こんにちは!

    相変わらず頑張ってますね。mixiは、最近、見づらくなって残念です。
    僕はタイム、下降の一途。まあ、練習量に比例ですから年のせいばかりには出来ないけどね。


  • Re: こんにちは!

    お久しぶりです。走っていますか?
    私はご覧ととおり、走り続けています。でもこうして走れる時間は少ないですよね。お互いに。。。マイペースで行きましょう。



認証コード2777

コメントは管理者の承認後に表示されます。