成木の森トレイルレース

画像の説明
成木はかつて自転車の練習グラウンドでほぼ毎月のように出かけていました。その地形、風景から勝手に「日本のチロル」なんて命名して楽しんでました。東京でありながら西の外れで埼玉県に近い山の中。しずかな山間の集落がだいすきです。

スタート地点の周囲には懐かしい看板があったり立派な民家があったり。ふるくから林業で栄えた場所です。
画像の説明

画像の説明

そんな成木で行われたトレイルレースです。参加者は600人とこじんまりした手作りの大会。距離は公称25Km,でも実測では17Km.この主催者の大会はいつも実測が短い。こうした大会なのでなにかと簡便。手荷物はビニールシートに勝手のおいておくだけ。まあ、だれも持っていかないでしょう。補給は水と塩だけ。でもこれで特に問題ないのでいいでしょう。

コースはまず「なちゃぎり林道」を5Kmほど走って登って高水山神社を通過。そこから山道になります。この辺でところどころが渋滞。でもすぐに通過できる。

それなりのアップダウンを繰り返して棒の嶺。ここにはハイカーがたくさんいました。天気がよくいいハイキング日よりです。
画像の説明

ここからは基本的に下り。しずかな杉林の中を下るとゴールです。この辺は土も柔らかくて走り易かった。
画像の説明 画像の説明

コメント


認証コード0083

コメントは管理者の承認後に表示されます。